スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腱鞘炎にすごく良かった!中山式手首用医学固定帯

★痛い!腱鞘炎!

整体師である私は、マッサージが続く時期には、よく腱鞘炎になります。

687c58410668512992e79c6183c291b4_s.jpg


手首と、ひじの横の骨あたりにズキン!と、痛みを感じるのです。

腱鞘炎になったら、整体の仕事をするのもつらいし、掃除機をかけるのもツライ!

テーピングやサポーターや軟膏やシップ、いろいろ試してみましたが、どれも「これは!」ってものに出会いませんでした。

★腱鞘炎の一番の改善方法

そもそも、腱鞘炎の一番の改善方法は、「傷んだ箇所を、使わず、安静にする」ってことなんですが、

日々の仕事は待ってくれませんし、予約の穴を空けるわけにもいかない。

どうにか手を使わずに済めばいいんだけど、仕事柄、それは絶対できない!

★やっと出会った、自分に合うサポーター!

どこかにいいものないかなあ!って思って探しあてたのが、

「中山式手首用医学固定帯」です。



使い方は簡単!

2017y03m09d_120322880.jpg

親指に引っ掛けて、手の甲の方にぐるっと巻き、

2か所のマジックテープを止めるだけ。

私は右手ばかり、腱鞘炎になるのですが、両手に使えます。

★中山式手首用医学固定帯の難点その①

「手のひらに干渉しない手首固定帯」と、中山式マジコストアサイトでは書いていますが、

きつく巻くと握力がそちらにも必要になり手がだるく感じます。

つまり、全く手のひらに干渉しないわけではない。

私は、その時の使い方に応じて、絞めるきつさを変えて使うようにしました。

上手に調節したら、完全に使わないわけではありませんが、ギュッと保護、固定されたサポート感がしっかりしていて、痛みが軽減され、本当に助かっています。

★中山式手首用医学固定帯の難点その②

相談者のなかに、やはり腱鞘炎で困っている人がいました。

しかし、専業主婦なので、家事で洗い物などをするのに、これでは、濡れてしまって使えないと言っていました。

確かに、このサポーターは、ナイロン地の布製なので、濡れる作業の場合には難があります。

★ 濡れても安心なサポーター

そこで私は、同じ中山式マジコストアで良いものはないかと探していたところ、この商品を見つけました。



中山式 ゲルサポーター 手首用です。

ネットショッピングをしたことがないということなので、私の方で購入してあげました。

非常に簡単につけられて、サポート力もしっかりしているので、良かったといっています。

これなら、多少重いものでも、片手で持てると言っていましたが、やっぱり、重いものを持つときには、両方の手を添えて、腕に負担をかけないようにする方が腱鞘炎の改善は早いですよ、とアドバイスをしています。

★中山式 ゲルサポーター 手首用の難点

しかし、この中山式 ゲルサポーター 手首用にも難点がありました。

それは、水仕事以外で使うには暑くなり蒸れること。

それと、使用時には感じないのですが、ずっと巻いていると血が止まったようになることです。

★二つの使い分けで、効果抜群!

そこで、私が日ごろ使っている、ナイロン布製の中山式手首用医学固定帯を貸してあげると、これはいいということで、

結局、使い分けの為に、私と同じ手首用医学固定帯を新たに購入することにしました。

結果、彼女は、1ヶ月もしない間に、腱鞘炎が改善してしまいました。



もちろん、個人個人で効果は違うでしょうが、私も毎度、ほんの短い期間で、腱鞘炎が改善しています。

さすがに中山式、歴史と実績はうそをつかないなぁと、つくづく実感しています。


↑↑↑「中山式手首用医学固定帯」はこちら


↑↑↑「中山式ゲルサポーター手首用」はこちら




↑↑↑「中山式マジコストア」

コメント

コメントの投稿

秘密
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。