スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腰サポーター~腰痛からの脱出


【痛い腰痛の原因て?】

144c0f784515efb98cfefd5829b680af_s.jpg


腰痛って厳しいですよね。

私も、一番苦しんだのが腰痛です。


元々は事故が原因なんだけど、

昔は何度も腰痛に襲われました。



腰痛に悩む皆さん。

腰痛の原因て、知ってますか



じつは腰痛の85%は原因が

はっきりしていません。


病院に行って、レントゲン撮って、

椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症など

原因が特定できる腰痛は実は約15%

316743.jpg


あとの85%は原因がわからないんです。

適当にそれらしい名前は

つけられたりしますけど

その実、あやふや。


だから、治療法もありきたりで

効いてるのかよくわからない。


これが、腰痛の現状



内臓に異常があったり、

生活習慣のせいで、背骨が歪んで、

痛んでいるんだけれど

病気だと判定するほどの状態に無い。

つまり未病(病気一歩手前)の状態。


【治療の西洋医学、予防の東洋医学】

現代の日本の病院は、

ほぼ西洋医学中心で、

病気になってからの治療法は

充実しているんだけれども、

予防や未病のアプローチに

めっぽう弱い




それに対して東洋医学は、

切ったり、縫ったりは弱いけど、

予防と、未病に対して非常に強い

316746.jpg


気功法、ヨガ、太極拳、呼吸法

アーユルヴェーダなど、

数え上げたるきりがないくらいです。


私も一通り経験しましたが、

一番肌に合って、

腰痛が改善したのが

気功法」です。


【予防健康法のデメリット】

この予防健康法である

「気功法」は、

ひとつ難点があります。


それは、日々続けることで、

効果を出す
ということです。


ということは、痛くなったから

やるというものではなく、

日々やっているから、

痛みを出さないというものです。



痛くもない時に、毎日15分20分

黙々と気功法するのって、

結構、精神力が必要です



どうしても、サボりがちになり

やめちゃう人も多いわけです。


【ガッチリ固定にはコルセット】


予防が出来ていないと、

痛い腰痛は突然やってきます!
644464.jpg
本当に痛くてしようがない時、

1mmも動かしたくない時は、

コルセットがいいですね。

参考クリック↓↓↓



これは固定力抜群で、

痛みのひどい時の

救世主
です。

【コルセットのデメリット】

しかし、コルセットには

デメリットがあります。


それは、固定が強すぎて、

腰が曲げられない
ことです。

用事をするときには、

動きが制限され過ぎて

まともに動けないのです。


【動く人のための腰サポーター】

腰痛だからって、寝てられる人

ばかりじゃないですよね。


「家事や仕事があって

どうしても動かなきゃいけない

53f2155579e50f104a38fee4439c2426_s.jpg


そんな人にやっぱり頼りになるのは

腰サポーター」です。

私は、こちらをおススメしています。

参考クリック↓↓↓


軽くて薄いのが良い!

っていう方にはこちらから

参考クリック↓↓↓



二つの違いは

上の「骨盤サポータープラス」は

弱い力で締められるように、

横が滑車式になっていて、

その分下の「骨盤サポーター」より

少し厚みがある作りになっています。


どちらも、

仙腸関節をしっかり固定して、

左右の歪みを整え

動きによる仙骨

骨盤のぐらつきを

最小限に抑えることができます。



腰痛の天敵である、

前かがみの動きをしっかり

サポートして、安心感があります。


パンツや、服の下に着けても、

私は問題ありませんでした。



痛くても動かなくちゃいけない方、

ぜひ、腰サポーター

試してみてください。


骨盤サポーター


骨盤サポータープラス



コメント

コメントの投稿

秘密
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。